柏市の家族葬関連情報

HOME心に残る家族葬とは

最終更新日:2017/09/13

心に残る家族葬とは

お葬式に用いられる道具

お葬式というものは、当然、悲しいものです。二度と故人と話すことができず、存在を感じることができなくなってしまう…。このように考えると本当に寂しいところ。
よく「心の中に居るから寂しくない」という声を聴きます。まさにその通りではありますが…どうしようもなく逢いたいと感じるときも…。と、話が逸れてしまいましたが、そんな故人を送るとき「心に残る家族葬」というものはどういったものか?について触れていきます。

■故人が故郷を思い出すようなモノをお供に

例えば…柏市の葬儀であれば、柏市にまつわる何かをそっと置いておくのも心に残る家族葬といえるのではないでしょうか。例として、柏市の家族葬ということを取り上げましたが、当然、各地域のまつわるものを置いておくということ。特に地元愛が強かった故人であればなおさらのことです。
やはり、その土地のものは、送られる故人も、そして遺された遺族も、何だかホッとするものです。ちょっとしたものでよく、それだけでかなり印象が変わってくるため、一考する価値はあるかと思います。

■遺族で故人の思い出話に花を咲かせる

大切な人を亡くしてしまった場合、その人のことを思い出すことが本当に辛く感じてしまいます。したがって、完全に頭の中を無にして、何とか精神を保とうとする人も多いです。これも1つの方法ではありますが、敢えて故人の思い出話を身内でするのも、心に残る葬儀ではないでしょうか。「あんなことがあったね」「こんなことがあったね」と、故人との関係を改めて認識し、楽しい時間を過ごすことができたのだなと感じることができます。
こういった関係の強さを感じるということは、故人にとってもすごく幸せなことだった言い換えることもできます。なかなか状況的に難しいかもしれませんが、これも1つの考え方であり、送り方だと考えます。

■ドライな話として…円滑に葬儀を進められることも1つ

かなりドライな話になってはしまいますが…心に残る葬儀というものは、滞りなく、問題なく、ハプニングもなく円滑に執り行われたということが非常に多いです。つまり、葬儀業者の働きが素晴らしかったということ。
やはり何かしらドタバタしてしまえば、故人を偲ぶというよりも、葬儀を執り行う方に必死になってしまい、しっかりと送り出すことができないことになってしまいます。マイナスな意味で心に残ってしまうことに。したがって、家族葬を素晴らしいものにするためにも、この葬儀選びは重要で、評判がよい業者を選択していくことが大切になります。

一覧はこちら

柏市の家族葬ランキング

TOP