柏市の家族葬で静かに愛する故人を送りだすならまずはこの比較情報サイト

葬儀の段階で慌てないために知っておきたい家族葬ランキングTOP5

昭和セレモニー

  • 一級葬祭ディレクター県内最多数在籍する葬儀社
  • 多数の葬儀プランで様々な顧客のニーズに応える
  • 企業による直営式場だから出来る充実のサービス

地域依頼件数No1にして年間約3000件

昭和セレモニーはまさに地域密着型の葬儀社といっていいでしょう。地域依頼件数はNo1であり、年間では約3000件以上の実績を誇ります。これからも地域の人に利用され続ける葬儀社で在り続けます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

昭和セレモニーに対するみんなの口コミ

  • ただ葬式を執り行うための打ち合わせだけでなく、その後についても相談が出来るのがいいですね。またサービス自体も充実しており、それでいて選択肢の幅が広いので必要なものとそうでないものを振り分けてプランを練ることが出来ます。おかげ...

  • 規模は小さくても私たちの送りたいような形で葬儀をしたい、という要望に応えてくれました。そのため予算はそんなに用意していなかったのですが、それでも納得のいく形での葬儀が行えたと思います。それが出来たのはこちらのスタッフさんが出...

  • スタッフさんによるきめ細やかな対応が良かったと思います。いざ自分が葬儀を執り行う立場になると、どうしていいのかわからない状態になりました。そんな私でも何とか無事に葬儀を終えることが出来たのも、スタッフの皆さんのおかげだと思い...

東葛福祉葬祭

  • 一流の生花祭壇製作者による制作で快く見送る家族葬
  • 常に誠実・丁寧な対応を心掛けて遺族の方をサポート
  • 希望に合わせて変更できる自由なプラン設定

地域密着型で心に寄り添う丁寧なサービス

東葛福祉葬祭は、柏市や流山市の近隣地域を中心に、家族葬を専門とした葬儀を行っています。社内には葬祭ディレクターが在籍し、常に遺族の方が心からお見送りができる葬儀を提供しています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

東葛福祉葬祭に対するみんなの口コミ

  • 大切な親がなくなり、家族や親族だけで葬儀をあげようという話になったため、こちらで家族葬をお願いしました。みんな悲しみに暮れていましたが、こちらのスタッフはとても優しく話しかけて下さったり、司会や進行もスムーズに行ってくれ、と...

  • あまり近所の人は呼びたくないと思い、こじんまりとしたかったので家族葬をお願いしました。あまり予算もなかったのですが、少ない予算にも関わらず素敵な祭壇を作って下さり、家族みんなでお見送りすることができました。スタッフはとても誠...

  • 葬儀の流れなどが分からなかったのですが、スタッフの方が丁寧に教えてくれたので安心して葬儀を終えることができました。いろんなところに気を配ってくださり、スムーズに葬儀を終えることができたのはスタッフの方がいたからです。とても頼...

ファミーユ柏駅西口

  • 柏駅から徒歩約5分のアクセスが良い葬祭場
  • 1日1組でホールを貸し切り故人をじっくり想いながらお別れ
  • 事前の会員登録でいざと言う時に迅速且つ丁寧な対応

家族のように遺族に寄り添った葬儀を提案

柏市の葬儀場では最初から最後まで同じスタッフが担当してくれるのでこちらのニーズや要望も伝えやすく、安心して任せられます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ファミーユ柏駅西口に対するみんなの口コミ

  • 突然の旦那との別れに驚きや悲しみを隠すことができなかったので、家族や身内だけの家族葬を選択しました。こちらの方は親身になって話を聞いてくださったり、こちらに負担が無いように現場で動いてくださったりと、気の配り方も素晴らしかっ...

  • 祖父の葬式は、祖父の地元である柏市で行いと祖母からの願いで駅からもアクセスが良いこちらの葬儀場に決めました。駐車場も完備されていたので、遠方から来る親戚なども呼べたので助かりました。遺族の為のやすらぎスペースも確保されており...

  • 以前、友人の葬儀の際にこちらの葬儀を見て親族にもしもの時はここにお願いしようと決めていたので、会員登録をしていました。義理の弟の葬儀が決まり、家族まで会員サービスが使えるとのことだったので利用しました。急なできごとにも迅速で...

セレモ柏ホール

セレモ柏ホール

年間約8500件の実績で培った信頼

セレモは24時間365、葬儀に関する相談を受け付けています。また柏ホールでは見学会なども行っているので、利用前に事前に下調べができます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

セレモニー天来

セレモニー天来

自由な形で見送れる家族葬の実現

故人が好きだった曲を流したり、趣味だったものや、嗜好品を並べたりと故人を思いながら自由な形式を取れる家族葬プランを実現します。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

柏市の家族葬基礎知識

御霊前

家族葬とは

昨今、家族葬という言葉をよく耳にするようになりました。また葬儀業者も、このニーズに応える形で、家族葬サービス提供が増えてきている状態です。では、この家族葬というもの…一体どのようなものなのか?言葉から察することができますが、ズバリ「身内だけの葬儀」となります。柏市の葬儀、千葉県の葬儀、関東の葬儀と、細かく文化が異なるため、家族葬の内容も変わってくる部分もありますが、基本的には「身内だけの葬儀」という前提は変わりません。 となると、気になってくるのが「身内ってどこまでが身内なの?」という部分です。言ってしまうと、明確な定義はありません。ただニュアンスとしては、親族の中でも親しき人であり、かつ親密な関係にある人と捉えることが多いようです。また、場合によっては親族ではなくとも、非常に親密な関係にあった人も参列することもあります。結局のところ、基本は親族と限らずに、本当に仲が良かった人を含め、親しき人が小規模に送り出すといったイメージです。 ちなみに、この家族葬という言葉は、最近まではなかった言葉でした。昔からある言葉で一番近いとされていたのが、密葬でしたが、字面から分かる通り、マイナスイメージを抱いてしまいます。結果「家族葬」という言葉が生まれたとされています(諸説あります)。

手を合わせる

葬儀と家族葬の違い

家族葬とは、身内だけでひっそりと執り行う葬儀です。 では一般的な葬儀とは何が違うのか?について触れていきます。 ちなみに、ここでいう葬儀は一般葬のことを指します。 葬儀とは… 参列者:身内だけではなく、故人の近所の方だったり、勤めていた会社の方を始め、故人とゆかりある人を呼びます。 形式:ピンキリで盛大な葬儀形式をとる場合もあり、非常に高額になることも少なくありません。 式場:予想される参列者の人数や、葬儀の内容などを加味して式場を決めていきます。 香典:基本的には参列した方から頂くことになります。そして、当然、お返しもします。 準備:参列者が多く来られる場合は、駐車場の手配なども行います。また、案内看板だったり、忌中紙を用意したりします。 家族葬は… 参列者:親族の中でも密接な関係にあった親しき人だけで執り行います。 形式:かなり簡略化された葬儀形式になるため、費用が低くなる傾向が強いです。 式場:基本的には式場で執り行いますが、自宅で執り行うケースも非常に多いです。 香典:親族の中でも密接な人だけになるため、香典は辞退するケースが多くなってきています。 準備:特に準備するものはありません。 一言で違いを言ってしまえば「大々的な葬儀が一般葬」で「小じんまりとした葬儀が家族葬」と言ったところでしょうか。

お葬式

家族葬のはじまり

スマート婚という言葉をご存知ですか?結婚式をスマートに行うことで、費用を安く押さえることができる大きなメリットを持っています。元々、結婚式に300万円~400万円も掛けるのは如何なものなのか?という疑問を抱いていた人が非常に多かったため、あっという間に、このスマート婚をする人が増えたわけです。また、招待する人も本当に仲が良い「祝って欲しい人」を選ぶことができるため「本当に祝福されている」ということが実感をしやすいというメリットも。 さて、本題の葬儀の話をしましょう。実は、家族葬の発端も、スマート婚と同様に「こんなにお金を使って盛大にやらないといけないものなのか?」という疑問を抱いていた人が非常に多かった事実があります。その結果、小じんまりと静かに執り行うようになったのが始まりとされています。 また、この葬式ビジネスに一石を投じる書籍も次々と販売され「実は家族葬でもマナー違反にならない」と後押しした背景もあります。 インターネットで情報を簡単に集められるようになった、2000年ぐらいから家族葬が始まったとされています。今では主流となりつつあると言っても過言ではないほど。柏市の家族葬だったり、豊田市の家族葬だったり全国各地で採用され始めています。

お墓

現代の家族葬

家族葬自体が、現代の葬儀と言っても過言ではありませんが…。家族葬が始まったとされる2000年ごろから、早10年以上も経過しています。当然、多少なりとも姿形を変えて、家族葬が執り行われています。ということで、今の家族葬がどうなっているのか?を見ていきましょう。 当初の家族葬と比べて大きく変わったところは…よりスリムになったという部分。元々、一般葬のような大々的なものではなく、ひっそりと円滑に執り行うことが目的でした。したがって、基本的にはスリムな葬儀になるわけですが…さらにスリムになっているということです。 例えば、お香典。以前は家族葬でも、お香典を受け取り、お香典返しをしていたわけですが…これすら自体してスムーズに事を運ぶようになったわけです。 もちろん「やりすぎだ!」という声もありましたが、様々な要因が絡み、香典辞退はスタンダードになりつつあります。また、以前は家族葬でも、帰宅したとき、お線香だけでもと足を運んでくれるご近所さんもいらっしゃいました。しかし、今ではこれもお断りするケースも増えてきたようです。 いくら家族葬でも限度がある!という声も確かにあります。つまりスリムにし過ぎて、マナー違反になってしまうという声もあるため、この辺りは、上手くバランスをとって現代の家族葬を執り行うことが大切になってきます。

柏市の家族葬コラム

柏市の家族葬ランキング

TOP